急な病気でもこれで安心!お薬のネット通販マスターになろう!

>

医薬品のネットショップってどんなお店なの?

世の中の「お薬」にはどんなものがあるの?

みなさんが「お薬」と言われて思い浮かべるものはなんでしょうか?
風邪薬や頭痛薬、整腸剤やサプリメント、そして花粉の季節におなじみのアレルギー治療薬など沢山ありますよね。
これらの「お薬」は、まず二者に大きく分かれます。
このうちの「医薬品」は、さらに2つに分かれます。前者は医師による処方が必要ですが、後者は私たち自身で購入することができます。
なお、その内特にリスクの高い医薬品を要指導医薬品といいます。例えば、これまで病院処方だったものが、一般販売の許可を受けてから間もないお薬などが該当します。この要指導医薬品は、薬剤師による対面販売が義務付けられているので、通販では購入できません。
一方で、要指導医薬品以外は、リスクの高いお薬から順に第一、二、三類医薬品として分類されており、これらの医薬品は全て通販で購入することができます。

私たちが通販で買える医薬品とは?

では、私たちがネット通販で購入できる第1,2,3類医薬品にはどのような違いがあるのでしょうか。
第1類医薬品は、3つの類型の中でも特に飲み合わせに注意が必要だったり、副作用などのリスクが大きかったりするため、薬剤師からの情報提供、書面による説明なしには購入することができません。第1類医薬品に該当するのは、一部の育毛剤などです。
第2,3類医薬品はいずれも薬剤師または登録販売者からネット上で情報提供などを受けることで購入することができます。
しかし、第2類医薬品の方がより飲み合わせに注意が必要であり、副作用のリスクも高くなっています。このため、第2類医薬品についてのみ、販売時に薬剤師などの専門家が購入者に情報提供をする努力義務が定められています。
なお、第2類医薬品に該当するのは大部分の風邪薬など、第3類医薬品に該当するのはビタミン剤や整腸・消化剤などです。